東京国際キルトフェスティバル (パート3)

現在第一線で活躍されている方々の作品です。
私の大好きな蜷川宏子さんの作品、ぱっと太陽のような明るい作品
見ているだけでこちらも陽気な気分になります。058.gif
     「太陽たち」
  
d0082763_19503132.jpg


そして小関鈴子さんの作品は月がテーマです。この方の現代的なセンスにも
心惹かれます。
     「秋の月」
d0082763_1959224.jpg


日本人ではないのに和布を上手に使って表現される林アメリーさん。
     「Le Soleil de Bandol バンドールの太陽」
d0082763_204408.jpg


楽しいことなら何でもキルトにしてしまうという岡野栄子さん。
     「太陽の贈り物」
d0082763_209115.jpg


こちらはしっとりと月をテーマに湊啓子さん。
     「月に祈る」
d0082763_201234.jpg


永遠のテーマスーちゃん、成熟した淑女の姿をアレンジした牧野まゆみさん。
     「三日月お月様・・・どこ、いくの?」
d0082763_20174747.jpg


こちらは一般公募のジュニア部門第一位入賞作品です。
大人顔負けの素晴らしい出来栄えに感動しました。
     「合縁桜 Relationship Forming Cherry Tree]
五十嵐 芽生
d0082763_2024179.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://yokow.exblog.jp/tb/7057880
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mintohanakikyo at 2008-01-24 09:29
キルト展へ行く度に『やらなあかんわ~』と
でもでも現実はと言うとその熱も3日ほどです。
キルターの1日と本に出ているのを
まねてみますが実現は遠い話です。
キルトだけをする部屋、TVも無い、キッチンから遠い(そんなに広くは無いぞう~~)PCと同じでやり始めるとお鍋が噴き上がり焦がす。キッチンのテーブルがその場所になる
広げて片付けてが大変、つい億劫になってる言い訳でした。(*^^)v
Commented by gotenn17 at 2008-01-24 11:03
↑お二人にとっては刺激をたくさん貰う展覧会でしょうね~~。
こんな大作を完成する根気と気長さ・・・やはりキルト作りが楽しくて大好き・・・これですね。
Commented by piko4438 at 2008-01-24 13:58
やはりキルトは見るだけに
しときます。気がトークなりそうです。
でもすごいね、こんなの見てたら、やりたくなるか・・・
やりたくないか・・・どちらでしょう
Commented by yokowatt at 2008-01-24 19:30
♪ mintohanakikyoさん
キルト展へ行くと刺激されるの一緒です。そのあとの現象も同じです。
2階で出来るようになってるのですが、何故かみんなの居る1階が
仕事場になってしまいます。
私も同じような言い訳何時も頭にありますよ~~。お仲間がいて嬉しいです。
Commented by yokowatt at 2008-01-24 19:35
♪ gotennさん
日本で一番大きなイベントなので刺激一杯頂きます。
でも、長続きしません。楽な方に流れていっちゃいます。
それでもいいかなぁ・・・なんて、自分に甘いです。
Commented by yokowatt at 2008-01-24 19:38
♪ pikoさん
是非是非、キルトに挑戦してみてください。
編み物で培った色彩感覚やデザインなど、きっとキルトでも活躍されると
思います。
pikoさんのキルトはどんなかなぁと楽しみにしてますよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yokowatt | 2008-01-23 20:25 | キルト | Trackback | Comments(6)