美術館独り占め!!


   お友達から久し振りに会いましょうと声が掛って
   さぁ、何処へ連れて行ってくれるのかなぁと
   車に乗ったら、行く先は川村記念美術館でした。
   久々の美術館、今日は昨日と比べると10度近くも
   気温が下がって、冬に逆戻りしたような寒さです。
   美術館の周りの池には数羽の白鳥がゆったりと
   泳いで、人影も疎らです。
   そして、館内も人影疎らどころか、私達二人だけ
   なんと贅沢なこの空間、美術館を独占して
   しまったような感じです。
   
   開催中の特別展は「BLACKS」
    ルイーズ・ニーヴェルスン、アド・ラインハート
    杉本博司~~の三人展です。
   黒を用いた三者の作品を組み合わせる事で、日常の
   喧騒とはかけ離れた、異質で寡黙な世界を提示した
   そうです。


d0082763_171727100.jpg



d0082763_17174635.jpg


   折角、私達二人だけの独占空間だったのに、この
   黒い世界はどんなにじっくり見ても理解不可能でした。
   何を云いたいのかなぁ、何を表現したいのかなぁ、
   確かに、静けさは感じるけれど、それ以上は感性が
   ストップしてしまったような、不可思議な世界でした。

   何時もは混雑しているレストランも、今日は空席が
   目立って、窓際の席に座る事が出来、ゆっくり、
   食べて、しゃべって、何時に無く長居をさせて頂き
   ました。
   そして、お友達から素敵な手作り品を頂きました。
   しおりにでもしてね~~と云われたけど、とても
   とても、勿体無くてしおりになんか出来ません。
   当分、壁に飾る事にします。
   とっても繊細な作り、ハートが嬉しいです。


d0082763_1732116.jpg

   久し振りにゆったりとした時間を過ごせて、誘って
   くれたお友達に感謝です。
[PR]
by yokowatt | 2013-03-14 17:37 | 美術館 | Trackback | Comments(2)

尊厳の芸術展!!


  どうしても見たかった「尊厳の芸術展」~~何とかスケジュールをやりくりして
  やっと行く事が出来ました。
  この作品の数々は、70年前、アメリカ政府によって、強制収容所へ送られた
  日系アメリカ人の方々の作品です。
  家財道具を整理する暇も無く、手荷物一つで収容された人々は乏しい材料と道具を
  使って、机、椅子、籠、棚などの日常生活に必要な物を作っていったようです。
  数々の作品に、日本人の豊かな感性と手先の器用さに感動を覚えました。


d0082763_8311715.jpg



d0082763_8313592.jpg



d0082763_832534.jpg



d0082763_8322315.jpg



d0082763_8325151.jpg



d0082763_8331287.jpg



   貝殻で作られたブローチやアクセサリーが素晴らしく、作り手の心が伝わって
   来るような思いでした。

d0082763_8362044.jpg



d0082763_8364085.jpg



   この後、欲張って、こちらも見たかった小林恵さんの
     「アメリカン・フックド・ラグと暮らしの手帖」
   を表参道まで見に行きました。
   こちらはアメリカの手仕事、生活の必要性に迫られて生まれた所に共通点をみました。

d0082763_8425134.jpg



d0082763_843676.jpg

   人間って、なんて素晴らしいのだろうと感動させられた一日でした。
[PR]
by yokowatt | 2012-12-07 08:50 | 美術館 | Trackback | Comments(5)

フェルメール2点!!


   暑い中、珍しく夫と上野の美術館までフェルメールを見に行って来ました。
   先ずは、東京都美術館で開催されている「マウリッツハイス美術館展」 目指すは
   (真珠の首飾りの少女)~~テレビや新聞で凄い混雑が報道されていたので、開館前に
   到着したのに、すでにかなりの混雑でした。

d0082763_19355461.jpg



d0082763_193694.jpg

   中々列が進みません。
   四列に並んで下さい~~やっと入場出来て、遠くの方にお目当ての絵が見えたら~~ 
   二列に並んで下さい~~絵の近くに行ったら~~一列に並んで下さい~~絵の前では
   立ち止まらないで下さい~~あぁ、何、これ、と云う思いです。
   じっくり見る事も出来ません。
   それでも、暫し立ち止まって、やっと出会えたと絵に食らいつく様に見つめたら、
   あの少女の目が私の奥深くを見つめてくるような緊張の一瞬でした。
   ずっと前から、好きと云うより、何故か気になり、魅了された絵だったので、
   どうしても見たかったので、念願叶ったひと時でした。

   次は 国立西洋美術館~~こちらでは「ベルリン国立美術館展」が開催中です。
   同じく、フェルメールの(真珠の首飾りの少女)がお目当てです。
   こちらもかなりの混雑だろうと、覚悟して行ったら、すんなり入れて助かりました。


d0082763_2061436.jpg
 
   お目当ての絵の前も、ゆっくり鑑賞出来て、絵画鑑賞はこうでなければと思いました。
   今日は、今年最高の暑さとか~~それでも、フェルメールの絵2点見られて満足な
   一日でした。  
[PR]
by yokowatt | 2012-08-13 20:18 | 美術館 | Trackback | Comments(4)

美術館!!

       


        <<グッケンハイム美術館>>


  前々から行きたかったグッケンハイム美術館に行って来ました。
  こちらはフランク・ロイド・ライトの設計で、その外観から「カタツムリ」と
  云われているそうです。
  成程、そう云われればそんな感じです。カタツムリがうずくまっているような~~。
  中に入ると、中心が吹き抜けになっていて、壁面にぐるぐるとスロープが張り巡らさ
  れて、6階まで続いてます。
  絵は壁面に飾ってあって、スロープを歩きながらの鑑賞です。
  6階~~と聞くと、えぇ~と思うけど、絵を鑑賞しながら歩いていると、何時の間に
  か、もう6階?と云う感じで、すんなり昇ってしまいました。
  下りはエレベーターにしようと思ったら、メンテナンス中で、また歩いて下りてきま
  した。
  お陰で二度鑑賞出来て得した気分です。


d0082763_8453166.jpg




d0082763_8455016.jpg
 



d0082763_846720.jpg






         <<ブルックリン美術館>>


   こちらはブルックリンのほぼ中央にあるプロスペクト公園に隣接し、
   世界有数のエジプトコレクションの外、アフリカ、オセアニア、オリエントの
   美術品収蔵も充実しているそうです。
   また、全米で唯一、安藤広重の「江戸百景」を所蔵していることでも有名らしい
   です。
   マンハッタンからサブウェイで30分位の所にあります。
   かなり大きな美術館で、周りは広々として、道の向こうは住宅が立ち並び、
   マンハッタンとは違う開放感がありました。



d0082763_8535357.jpg




d0082763_854817.jpg

[PR]
by yokowatt | 2011-04-04 11:45 | 美術館 | Trackback | Comments(0)

ホキ美術館!!

 
本日開館の、ホキ美術館 開館記念特別展を見に行ってきました。
朝食をとりながら、何気に見ていたテレビで、今日オープンのホキ美術館を取り上げて
いました。
朝日新聞にも大きく広告が出ていて、行ってみようか~~行こう、行こうと急遽、大急ぎで
出かけました。
今日は初日なので、きっと駐車場は満杯だろうなと思っていたら、案の定、満杯、隣接
する昭和の森公園の駐車場へ案内されました。
美術館の裏側まで数分の近さ、裏から見た美術館の全容が素晴らしいです。
正面から入ったら見逃すところでした。


d0082763_19312252.jpg



空中に突き出すように出ている建物にはびっくりしました。
30メートル空中に浮いてるそうです。裏側から、昭和の森の方から見た美術館です。


d0082763_19353397.jpg



こちらの美術館は写実絵画を集めたものばかり、まるで写真の様な作品がずらっと
並んでます。
髪の毛一本、布の糸一本、ETC.~~どうしてこんなに繊細に描くことが出来るのだろうと
ため息ばかり出てきます。
展示室もユニークで、長い、長い廊下に展示されているようで、両サイドを鑑賞しながら
ゆったりと移動できるのがとてもいいです。
地下2階に行くと、各作品の横に、作者自身の解説を音声サービスしているのもまた中々
良かったです。
館内は、思った程の人出ではなく、ゆったりと鑑賞出来て、満足度100%でした。
但し、1階のレストランはずらっと長い行列ができて、こちらはパスしました。



d0082763_19585993.jpg



d0082763_19595436.jpg



d0082763_2004657.jpg



この後、昭和の森をぶらぶら散策しました。
休日の為か、家族連れが多く、秋の一日を満喫してるようでした。


d0082763_2072439.jpg



紅葉も見事でした。


d0082763_2010245.jpg

[PR]
by yokowatt | 2010-11-03 20:12 | 美術館 | Trackback | Comments(2)

美術館巡り!!

   昨日は二つの美術館をはしごしてきました。
   二つともルーヴル美術館展でしたが、内容が違いました。
   一つは上野の「国立西洋美術館」、こちらは「17世紀ヨーロッパ絵画」でした。
   何時ものことだけれど、ラ・トゥールの絵の揺らめくローソクの炎には現実を
   離れて遥かな未知の世界にいざなわれるようでした。
   平日にも拘わらず沢山の人出でした。

d0082763_1024293.jpg


d0082763_10415081.jpg


   桜の名所、上野の森公園はまだ桜がちらほら、寒さで花が開かないのでしょうか。
   それでもこの日は「はな金」、夜には早目の花見客で賑わうのではないでしょうか。
   ゴミ箱などもばっちり用意周到、花見客を待つだけに準備されてました。

d0082763_10284051.jpg




   もう一つは六本木の「国立新美術館」、こちらでは「美の宮殿の子どもたち」を
   やっていました。
   絵の中の子供や彫刻が主です。子供のミイラもありました。
   客足は西洋美術館の半分くらい、ゆっくり鑑賞することが出来ました。

d0082763_10444766.jpg




d0082763_1038517.jpg


d0082763_10382943.jpg



   二つの美術館巡りはさすがに疲れました。
   ティールームで疲れを取って、さぁ家路へ~~。

d0082763_10473973.jpg

[PR]
by yokowatt | 2009-03-28 10:49 | 美術館 | Trackback | Comments(9)

今日もまた・・・。

         今日も又、美術館やら展覧会やら、精力的に歩き回ってきました。

         昨日、バッチリ1時間マッサージをしてもらって、膝痛がぶり返さないよう

         準備万端怠り無く出かけました。

         先ずは新宿の東郷青児美術館で「丸紅コレクション展」を見ました。

         思いがけずグランマ・モーゼスの絵に出合えて嬉しかったです。

d0082763_2040422.jpg


         その後、渋谷駅まで岡本太郎の壁画を見に行きました。

         凄まじいエネルギーがほとばしったような絵に元気頂いてきました。

         子供のような茶目っ気たっぷりの岡本太郎がウインクして「どーだ!!」と

         云ってるようです。

d0082763_20493592.jpg


d0082763_20503666.jpg


         すぐ近くにあるタイルの壁画も目を惹きました。

d0082763_20542644.jpg


d0082763_20544714.jpg



         この後、今日の一番の目的ステンドグラス展を見に行きました。

 
d0082763_20565712.jpg


d0082763_20573921.jpg


d0082763_20575952.jpg


d0082763_20582482.jpg


         芹 洋子さんの作品が数点あり興味深く拝見しました。

         かなりの作品が展示されていましたが写真撮影禁止にはちょっとがっかり

         しました。前回は撮影オーケーだったので張り切っていったのですが。


         流石にいささか疲れてお茶タイム、ゆっくり日が暮れるのを待って銀座の

         イルミネーションを楽しみました。


d0082763_2132962.jpg



d0082763_21274751.jpg



d0082763_21325097.jpg
















         
[PR]
by yokowatt | 2008-11-26 21:48 | 美術館 | Trackback | Comments(16)

美術館めぐり!!

        小春日和の陽気に誘われた訳ではないけれど、今日は思いがけず

        三箇所、美術館のはしごをしました。

        先ず最初は上野の東京都美術館「フェルメール展」、10時半頃着いたら

        何と30分待ち、チケットを買っている間に40分待ち、その内50分待ち、

        延々長蛇の列は外まで続き太陽が照り付けて暑いです。

        1時間位待ってやっと入れました。

        中も沢山の人、人、人、フェルメールの絵を目指して他の絵はパスです。

        やっとたどり着いて黒山の人だかり、何とか鑑賞し終えた頃には暑さと疲れが

        どっと押し寄せました。

        こんな絵画鑑賞なんてあるだろうか、何かが変だなぁと疑問が湧いてきます。

        これは日本だけの現象なのかしら、それとも・・・???


d0082763_2091100.jpg



        この袋が欲しくて小さなショコラを買いました。単純です。

d0082763_20132565.jpg



        今日の私とお友達は軽い腰痛と膝痛持ち、ゆっくり歩きましょうねと

        云いながら、やっぱり早足になります。

        上野駅を目指して歩いていたら、国立西洋美術館の「ヴィルヘルム・ハンマースホ
 
        イ展」が目に入って、見よう、見ようという事になりました。

        こちらは入場者も程ほど、静かに鑑賞出来てほっとする思いです。

        絵も静かな雰囲気の心を洗われるような絵です。

        特に絵の中の白い扉に何故か妙に惹かれるものを感じました。

        あの白さがほんわかと安らぎを感じさせてくれるのです。

        
d0082763_20402149.jpg



        上野の森は紅葉真っ盛りです。

d0082763_2041892.jpg



        次は、東京オペラシティアートギャラリーで開催中の「蜷川実花展」

        こちらはガラッと180度趣が変わって華やかな写真展です。

        流石に若い女性が圧倒的でした。

        お母様の蜷川宏子さんはパッチワークでも有名な方で、大ファンです。

        親子で色合いがとても良く似ています。

        見るものに元気をくれる色合いが大好きです。


d0082763_20534180.jpg



d0082763_20535733.jpg



          オペラシティのクリスマスツリーの飾り付けが行われていました。

        とても大きなツリーで夜になって点灯したらさぞかし綺麗でしょう。

        夜まで居られないのが残念です。

d0082763_2145436.jpg



        三箇所の美術館巡り、少々疲れましたが、最後に実花さんから元気頂いて

        帰ってきました。
        
[PR]
by yokowatt | 2008-11-18 20:59 | 美術館 | Trackback | Comments(8)

      昨日に引き続き朝から雷、雨の異常気象です。

      最近、本当に信じられないような気象状態が続いています。

      あちこちで大雨の被害が報じられ、まるで地球が怒っているような

      思いがします。

      今日は池田理代子さんの「ベルばら」の世界を見に行くことにしていたので

      雷雨が気になりましたが、出かける頃には雨も止んでほっとしました。

      現実を離れてひと時、夢の世界を満喫してきました。

d0082763_1957110.jpg



d0082763_19572018.jpg



d0082763_19574774.jpg



d0082763_19581220.jpg



d0082763_19583449.jpg



      そしてまたまた、ふらりと入ったお店でリバティのキットを買ってしまいました。

      すっぽりと手の中に入るような大きさがとても可愛らしいです。

      これは病気よねぇと言いながら友達共々布に手が延びていきます。

d0082763_2015440.jpg

       
[PR]
by yokowatt | 2008-08-29 20:16 | 美術館 | Trackback | Comments(11)

九十九里浜近くの「アートギャラリー古屋敷」へガラスモザイク展を見に行ってきました。
こちらの建物も江戸時代末期のものをリフォームしたものとか、何故かこの頃古民家を
リフォームしたり、移築したりしてギャラリーにしているところがたくさんあります。

d0082763_14183069.jpg


ステンドグラスをやっているとガラスの端材が沢山でます。
捨てるには勿体無いし~~モザイクなどにいいかなぁと思っていたところにこの展示会を
知って早速出かけました。
九十九里の海岸も近いし、久しぶりに海も見たいしとドライブ気分です。

d0082763_14253613.jpg


海岸は家族連れ等で大賑わい、私達二人は何だか場違いの所へ来てしまったようで
落ち着きません。
海の家でちょちょっと休んで引き揚げました。

d0082763_14292219.jpg


そして先週、暑い中をギャラリー巡りした所も古民家をリフォームしたギャラリーでした。
印旛沼近くの水田の広がる所にありました。

d0082763_1432572.jpg


長い年月煤で黒々と変身した太い梁が目を惹きます。

d0082763_14333933.jpg


こちらではパッチワーク展と数人の方の作品展が開催されていました。
パッチワークは古民家に相応しい麻の古布で作られた素晴らしいものでした。

d0082763_14394242.jpg



こちらは古民家ではないけれど、古い家をリフォームしてギャラリーとして活用、
広々とした林の中のお茶タイムが憩いの時間をくれます。ガラス展が開催されてました。


d0082763_14463095.jpg


d0082763_1447341.jpg


最後は
人形展、人形師伽羅さんの「伽羅の世界」120センチの等身大のようなお人形があまり広くない画廊一杯に展示されて凄い迫力です。2001年から独学で作り始めたそうです。


d0082763_14541866.jpg


暑い中のギャラリー巡り、作者の方々の精魂込めた作品を見せていただくと
暑さを忘れてこちらもやる気が出てきます。
とてもいい刺激を沢山頂きました。
[PR]
by yokowatt | 2008-07-27 15:01 | 美術館 | Trackback | Comments(6)